2013/07/17

TRAKTOR Kontrol X1MK2発売の前にX1の良さをおさらい!


TRAKTOR Kontrol X1MK2 発表!!

TRAKTOR Kontrolは沢山の種類がありますが、X1に関しては私が愛用しているのもあるのですが、抜群の操作性が備わっており、人に相談されたら間違いなくお勧めするコントローラーなのです。今回発表されたMK2に関してはまだ使ってないので何とも言えませんが、大きく変わった所で言えば見て解るように、タッチストリップが搭載された事でよりダイレクトな操作性がプラスされた印象があります。それとPlayボタンとCUEボタンの場所が変わって、少し大きめになっています、そのかわりHotcueの数が半分になっているようですが...そこは心配ですね。果たしてこのMK2は初期モデルを超える事が出来ているのか?そこで今回は改めてTRAKTOR Kontrol X1とはどういうものなのか、簡単に解説したいと思います。



CDJとX1の機能を比較

①Play、②Cue

配置的にも慣れた場所にあり、音源がPC内にあるのかCDが挿入されているのか、たったそれだけの違いだと再認識させられます。

③Bend (SHIFTキーと同時押し)

TRAKTORにはSYNC機能があるからタイミングの補正なんて要らないんじゃないか?と考えるのは大間違い!良く考えて下さい、BPMはピタッと合っていてもキックの重心やパーカッション揺れなどが原因でなんとなく前のめりな気がする時とか無いですか?あと古い音源を使うときなど、BPMは合っていてもヨレヨレの安定感な曲とかありますよね、そんな時タンテやCDJなら、指で触れて補正するのですが、当然X1でもそれが可能です!

④Pitch (SHIFTキーと同時押し)

意図的にPitchを上げて行く時以外あまり使う機会がありませんが、DJ交代するときなどは絶対使います。それは当然人がかけてる曲(CD,レコード,PC)とはSYNCが出来ないからです。

⑤Loop

ダイアル式でループの尺を決めてプッシュで実行!MK2からはコントローラー側に尺が出るようになっているので、PCの画面を確認する機会が減るでしょう◎

⑥JogDial

曲を探す時に使います。見つけてポンと押すだけ!非常に便利です。MK2からはセンターに1つだけの配置になりましたが、まぁ本来そうあるべきかと納得します。

⑦HotCue

一曲に8箇所のCueポイントを設定出来るのですが、中央の「HOTCUE」ボタンを押すと下の8つのボタンがHOTCUEモードに切り替わるのですが、たまに元に戻すの忘れてて大変な事になりますw。MK2からは表面に出てるCUEボタンは4つだけど、切り替えが必要ないならその方が嬉しいです。


ちなみにその他のボタンや、ツマミは主にエフェクトの為のものでして、今紹介した機能を見ればとても入りやすいのではないかと思います。もちろんTRAKTOR KONTROL S4のように完全にミキサー化していて、オーディオインターフェイス内蔵の優れたコントローラーもありますが、なぜX1を選ぶのかというと。

1、小さくて持ち運び便利。場所を取らない。
2、正直①〜④のボタンだけで十分、メディアがアナログからCDになり次にハードディスクになっただけなので、再生出来ればそれで良い。
3、現場にあるミキサーを使える。これは良くも悪くもDJとして楽しい事なのです。

感覚としては、CDJでプレイしている感じ寄りかと思います。これがオールインワンのコントローラーだと現場のシステムから孤立したような感じになりそうで、本人が受け付けないだけという意味の分からない理由もあるのですが、それは置いときます。。

以上X1の良い所でした!


にほんブログ村 音楽ブログへ




0 件のコメント:

コメントを投稿