2013/04/11

Plug-inの紹介:サンプラー 「EXS24 mrkⅡ」

EXS24 mrkⅡ

普段愛用しているソフトサンプラーですが、至ってシンプルなので重宝しています。
もともとClub Musicって一から音作ると言うよりは、サンプル持って来て切り刻んで組み替えて遊んでしまうってノリが強いと思うんで、折角何か作るんだから楽しみたい所ですよね!で、具体的にどういう風に使うかなんですが



音を切り刻んでサンプラーに取り込む

① まず気に入った音楽をDAWに読み込む
Logicの機能で「ストリップサイレンス」というのがあって、コンピューターが音のメリハリを見つけて勝手に分解してくれるんですが、気にいらなけりゃ、ハサミツールでサクサクちょんぎるだけでもOK。


② EXS24で”インストゥルメンタルなし”の状態で右上にある「edit」ボタンをを押すと新規ライブラリ作成画面が出て来ます。この画面に切り刻んだサンプルをドラック&ドロップするだけでOK


③ そうすると以下のようにデータが読み込まれるので、MIDI鍵盤やピアノロールの鍵盤を叩けば音がなります、簡単ですね!これに好きな名前を付けておけば、いつでもこのセットを呼び出してこれるわけです。

使い方

EXS24には見ての通り沢山つまみが付いてますので、発音のタイミングをかけたり、フィルターをかけたり、ピッチを変えたり、大抵の事は出来ます。
ちなみに折角サンプラー使うんならMIDIコントローラーは何か一つ欲しいですね、ワタシはKORGのmicroKONTROLってのを使ってますが、一応16パッドも付いてるので指でパカパカ叩く事も出来ます(ほぼ鍵盤しか使いませんがw)
ハードのサンプラーでMPC1000も持ってましたが、MPC内部の小さなメモリー領域で作業を行ってからLogicに録音するといった非効率さから使うの辞めましたw
鍵盤付きのMIDIコンがKORGのmicroKONTROL。黒ボディーのカッコエエのがMPC1000です。

最近は波形をそのままアレンジウィンドウに貼付ける事が多くなってますが、また時間のある時に面白いライブラリーを沢山作りたいと思ってます★


にほんブログ村 音楽ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿