2013/03/19

TRAKTOR : 失敗談

音止めちゃいました

これはシャレにならないです、マジで。DJが音止めたらブーイングと同情まじりのヤジが飛び交いますからねwしかしそれをやってしまったわけです。
状況としては前のDJとバトンタッチした後、Track-Aで曲が流れてたんですが、次の曲をTrack-Bでかけた時にR(右)のチャンネルが鳴ってない事に気付きましてミキサーの問題かと思い、一旦強引にTrack-Aの曲に戻してその間にミキサーの別のチャンネルのLINEに挿し替えたんですね、それで解決すると思ってたんですが何かR(右)の音がおかしい、もしかするとオーディオインターフェイスの問題かなと思い手に取った瞬間.....音が止まりTRAKTORは初期画面に。。。

あれこれ動かす事約2分(この2分は長いです)音が鳴り出したので続行。そのまま最後までプレイしました。

問題点

さて今回の問題点なんですが、実は2箇所問題があることが発覚しました。
① 一つ目はTrack-Bに差し込んでいたRCAケーブルの破損。これは現場では解らなくて、家に帰って確認したんですが、オーディオインターフェイスに差し込んでいるRCAケーブルのR(右)のプラグが変形していてスカスカになっていたんです。正直ビックリしましたね、RCAの棒が曲がってるなんて、ちょっとレアですから...でもその原因は明確で、いつも片付けの時にケーブルをオーディオインターフェイスにグルグル巻き付けているので、何回も繰り返すうちに付け根に負荷がかかって曲がったんでしょうね、ホント反省です...

② 二つ目は電源の問題。オーディオインターフェイスの問題かなと思い手に取った瞬間音が止まり、TRAKTORの画面は初期画面、要は電源が切れてもう一度入ったと言う状態な訳です。オーディオインターフェイスの電源確保はTRAKTOR-DJの使命ですからそれを誤ったと言う事ですね、ブース内のタコアシ電源タップに挿していたんですが接触が甘かったのかどうか、要はセッティング時に不安定な状態に気付かなかったという自分のミスですね。

今回はダブルでくらった形になったので、久々に焦りましたが、「万全の体制で臨んだのか?」と聞かれると、Yesとは言い切れないあたりが問題の大元かなと思ったワケであります。
CDでプレイしてた頃は、間違って今かけてるCDをエジェクトしてしまってフロアが凍りつく事が2回程ありましたが、TRAKTORにしてからは初めてでしたね。。
二度と同じ失敗は無いと思いますがこうしてまた成長出来る事に感謝します◎



にほんブログ村 音楽ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿