2013/03/31

自分にとってのBlogの役割について

脳内Archive

自分にとってのブログとは「Archive=保存場所」という意味合いが非常に強く、日頃から頭の中で入り乱れている細かい情報を一つのファイルにまとめてフォルダ分けしておくというノリなんです。しっかりタグ付けしておく事で頭の中から引っ張り出してきやすいという利点もありますし、記憶や知識をこうやって外部にデータ化しておく事で効率的な情報として上書きされ、必要のない断片的な情報、もしくはコピペ済みの資料は安心して奥の方にしまっておけるわけです。今のは全部頭の中の話ですが、実際パソコン使ってても同じだと思うんですよね、大抵新しい情報はデスクトップ上に乱雑に散らばっていて、何が要る物なのか、要らない物か、判断が難しいし、後で要るかもしれないから適当にどっかのフォルダに閉まっておいて永久にお蔵入りみたいなw




ここで「Blog」という名前のフォルダを頭の中に一つ作っておく事で、その中には更にツリー状のフォルダが有り、種類別に整理されている。しかもそれぞれのファイルは実データではなくて、リンク先のURLのみと言う事なので、頭で丸暗記しておく必要がない訳です。ずいぶん味気ない話に聴こえますが、小学校〜大学とかでみんなノートとると思うんですね、それって要は「講師の話す言葉」「教科書に載っている情報」「例題」それらの情報を自分が見たときに解るように一つのファイルにまとめて、後で思い出せなくなった時、最初にノートを検索かけるのが最短の解決方法だと自分で解る為の方法だと思うし、みんな自然にやってる事だと思うんですよね。ただ何となく頭の中で情報を分別していても無意識にフォルダ分けをしてしまい、毎回「最近使ったファイル」から情報を探すはめになる気がするわけです(自分の性格上)。そこでBlogにはMasamuneのArchiveとしての役割を担ってもらう事にしたんです◎
ちなみにファイル化させる過程でもまとめられた情報が記憶に残るので一石二鳥です。

Facebookやtwitterもよく使いますが、表現する為のキャンパスとしてはあまり適切では無いと思ったので別でBlogを立ち上げたわけです。Facebookの場合は最近「友達全員で交換日記」みたいな感じでそれはそれで好きです◎

ネットで自己を表現出来る場というのが無数に広がっている現代ですが、アカウントそれぞれの役割や得意分野なんかと上手に付き合いながら自分の一部で有り続けられる関係でいたいですね。




にほんブログ村 音楽ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿