2013/03/27

音を完全に消滅させる実験


相性の良さそうな曲同士をMix中なぜか音が薄くなる。

DJやってるとこういう経験が必ず有ると思います。あとトラックの制作されてる方もレイヤーしすぎて音が痩せてしまうなんてことありませんか?
何となくご存知の方は多いと思うんですが、音というのは真逆の波形の音を同時に鳴らすと完全に無音にすることが出来るんです、音には”位相”というものがありまして、この話は音楽と言うより科学の話になりますが、実際にLogicのGainという標準プラグインに付いている位相を反転させる機能を使った実験を行いましたので、是非うんちくライブラリーに加えてあげて下さい◎

位相を反転させる


① まずはTrack1に"Loop-A(緑)"を貼り付けます。この状態で再生させると当然普通に聴こえます。画面左下のレベルメーターにもしっかり反応があります。






② 続いて、Track2に"Loop-B(オレンジ)"を貼付けます、といってもこのLoop-BはLoop-Aをコピペして色を変えただけなので全く同じ音です。ちなみにこの状態で2チャンネル同時に再生させたら間違いなくレベルオーバーでクリップしますw




③ Track2だけをソロで再生、当たり前ですがTrack1と同じ音、同じレベルです。







④ さていよいよ実験開始です。Track1はそのまま、Track2にだけ"Gain"を挿し、Phase inventをLR共にオンにします。そして両方同時に再生させます。すると見事に無音になります!”マスター”に注目して下さい、本来2チャンネル同時に再生させるとレベルメーターが振り切って音が割れますが、全く反応しません!不気味ですw本当に気持ち悪いぐらい音が消えます。



⑤Loop-B(オレンジ)をバウンス(書き出し)して波形を見比べてみました。見事に反転しています、それぞれ単体で聴くと違いは解りませんが、見ての通り波形は真逆なのです!これを一つにまとめて出力しようとすれば確かに音は消えるだろうなと視覚的に判断出来ますね。




別の意味でマニアックな話になりますが"るろうに剣心"ってマンガに相楽左之助って奴が出て来るんですけど"二重の極み"という破壊力のあるパンチを使うんですね、で、ある時その技を伝授した師匠と戦う事になりまして、師匠の二重の極みが完全に腹に決まったはずなのにまったく効いてなくて...実はそのとき左之助は師匠のパンチと同時に自分の背中に二重の極みを打って中和させていたというエピソードがありまして、まぁホントどうでもいい話引っ張り出しちゃいましたが、波動=エネルギーを中和って意味では似てるかな...

実はこの逆の位相をぶつけて音を消すというのは色んな所で使われたまして、高速道路の騒音を消すためとか、ノイズキャンセラー付ヘッドフォンとかがあるみたいです。
あんまり細かい話になると、エネルギー保存の法則だとか出て来てしまうので、気になる方は調べてみて下さい。

ちなみに
DJでこの状態に出くわしたら、ロングミックスは辞めといた方が得策ですよね、たぶん自然にそうしてると思いますしうまい事EQを使って回避してるんじゃないでしょうか。
TRAKTOR使う人はBPMが合ってるからといって耳を留守にしないようにしたいものですね。

以上実験結果でした!!





にほんブログ村 音楽ブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿